フローリングの補修について

OBJ様(メガネ店 京都北山)

ピカピカは気持ちがいいよ!

せっかく床を本物のフローリングにしても、数年すれば輝きが失われ傷みが目立って来ます。定期的なメンテナンスと思い切った修繕が時には必要です。

 

旧塗膜やフロアの傷んだ部分をドラムサンダー削り取り。その後は電気ポリッシャーにてペーパー掛けをし、電気掃除機でフロア上のチリやホコリを取り除きます。

その後 再度塗装をし乾いた後に保護にウレタンを塗装する事によりほぼ新品に復活します。7年〜10年に一回思い切った修繕をする事をお薦めします。

 

デザインバックス 京都市下京区本塩竃町583-5 TEL075-371-3015